空き家処分 名古屋で遺品整理・ゴミ屋敷片付けなら絆プラス

090-1477-0563
受付時間:9:00-18:00 土日祝定休

WEB無料相談
24時間受付

スタッフブログ

空き家処分

2021.02.20

空き家の処分ってどうするのでしょうか?両親や兄弟との同棲や死別など、様々な理由から空き家となってしまう家の増加が近年社会問題となっています。相続した側の人が空き家の処分に悩むのも無理はありませんが、空き家のまま放置を続けると後々トラブルの原因になりかねません。平成25年に総務省が実施した住宅・土地統計調査によると、平成 25 年10月時点で全国の総住宅数 6,063万戸のうち空き家の数は820万戸にも及んでおり不要品やゴミも準ずる量と考えられています。

空き家内における不要品処理

空き家と言えば解体を思い浮かべます。しかし今までの生活のすべてをなげるとは簡単ですが、何世帯も関わりある旧家の場合は非常に損失が高いと考えられます。解体業者は、建物を壊して産業廃棄物として処分すのが仕事ですから、建物内の何世帯における不要品をただ単にゴミとして扱ってしまいます。優先順位を決めて考えることが大切で、解体業者の前に古い品でも価値が分かる業者に依頼することが大切です。なぜなら価値があれば、古物としてお金という形に変わるからです。

空き家内におけるゴミ処理

それでは、ゴミとして考えた場合はどうなのでしょうか?何世帯も続いたゴミとなれば、相当ゴミの量も多く色々な場所から同じ品があったりします。解体業社は、建物の廃材や一般ゴミも産廃として処分しますので処分単価が高いです。ゴミや本来買取りできない不要品などの処分は整理業者に見積もりしていただいた方が良いです。但し、見積りも出張費も無料であることを確認し依頼してみることをおすすめします。

損出を軽減させるには

思い付きにより建物解体できるものではありません。時間をかけて計画し優先順位をもって進めることが第一です。一番良い方法としてあげられるのが、古物買い取りができる整理業者なであり、次に建物解体業者となります。

古物買い取りの中にも、物の価値はないけれどリサイクル資材として安価ではあるがお金になる業者を探しましょう。リユースと言う考え方ですが海外で需要があるものです。リサイクル資材と同様に安価です。一般に上記以外の古物と言われるのが、単品もので価値があるものですが値段も固定でなく変動があります。
需要と供給のバランスと言うことになります。

最後に

コロナ過の中にあって、業者とお会いすることが厳しいですが信頼できる業者であるかの判断はメールや電話だけではとても見抜くことができず不安です。感染防止の徹底をされたうえ、是非お会いし判断をしてください。そのうえで、聞きたい内容を確認したり良ければ見積りをお願いしてください。但し、無料であるか確認も必要ですね。

ゴミ屋敷片付けについて詳しく見る

見積もり無料!まずはお気軽にお問合わせ下さい!

TEL:090-1477-0563
受付時間:9:00-18:00 土日祝定休

お問合わせフォーム

お電話では簡単な内容をお伺いさせていただきます。まずはお気軽にお問い合わせ下さい。